アトピーのためのアロマスプレー

アトピーの皮膚は
黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいといわれます。

黄色ブドウ球菌はとびひの原因菌です。
すこしでも繁殖を少なくするために
抗菌作用のある精油を使って
アロマスプレーを作り
皮膚に塗布するようにしています。

我が家の息子には
自分ですすんでスプレーするという
行動は見られないので
私がせっせと吹きかけています。
いいにおいなので嫌ではなさそうです。

私が作っているアロマスプレーの作り方です。

アロマスプレーの作り方

材料 (100ml作るとき)
お好みのアロマオイル 全部で20滴程度
精製水 約100ml
無水エタノール 5ml
空のスプレーボトル※アルコールタイプ

①無水エタノール5mlを計量カップで計り、空のスプレーボトルに入れます。
 ※スプレー容器はアルコールを入れられるタイプを使ってください。
  100均にも売っています。
 アロマオイルは脂溶性のものが多いため
 水に入れても混ざりません。
 無水エタノールに混ぜることにより
 水と混ざりやすくなります。

②お好みのアロマオイル(精油)を
 3~4滴ずつ入れます。

アロマオイル1滴は約0.05mlとされています。
4滴で0.2mlです。
アロマオイル全部で1ml=20滴くらい入れると
ちょうどいいと思います。

③アロマオイルを入れたら
 無水エタノールとアロマオイルが混ざるように
 少し振ります。

無水エタノール5ml
アロマオイル1ml
精製水100ml
を加えると約1%のアロマスプレーになります。
※厳密に1%のスプレーが良い場合は精製水の量を94mlにしてください。

アロマスプレー作りの精製水はミネラルウォーターでも代用できます。
敏感肌の方は無水エタノールを除いて作ってください。
無水エタノールに希釈しない場合は、
アロマオイルは表面に浮いてしまうため、
スプレーする直前にしっかり振ってください。

精油の選び方

私はこれを参考に精油を選びました。

ティーツリー 抗菌・抗アレルギー作用
ラベンダー 鎮静作用
ローマンカモミール 抗アレルギー作用
ジャーマンカモミール 鎮静作用
ブラックスプルース 抗炎症作用
ヨーロッパアカマツ 抗炎症作用

ティーツリーとラベンダーは
よく聞くアロマオイルですが
他のアロマは初めて聞いたものが多かったです。

あまり聞きなれないアロマオイルは
ここで購入しています。

アロマ&石けん専門店COONA

大体1か月に1回くらいの頻度で作っていて
ティーツリーとラベンダーを基本にして
炎症があるときはヨーロッパアカマツを入れたり
夏はハッカ油を入れたり
その時に必要かなと思うアロマオイルで作っています。
ブレンドアロマオイルも売っていたりします。


この記事を書いた人
浜辺啓海(はまべ ひろみ)

病院薬剤師として6年勤務。
薬を進めるのが嫌になり、現在は健康食品会社で相談係として勤務中。
息子がアトピーになったことから、生活が一変。
食生活、生活習慣、考え方など良いと思ったことを実践中。
自身もアトピー経験者。

未分類
元薬剤師の子供のアトピー実践ノート