アトピーだとプールに入らないほうがいいの?

息子はスイミングスクールに通っていましたが
アトピーが悪化し、藤澤皮膚科にかかって
プールはやめた方が良いといわれました。

その頃の息子の皮膚は
とても固くガサガサになっていました。

皮膚が固いと皮膚のバリア機能が機能せず
プールに入っている塩素の刺激に負けてしまい
症状が悪化していたのだと思います。

アトピーの皮膚とは・・・

アトピー性皮膚炎の皮膚には
乾燥してガサガサしたり
硬くなってゴワゴワになったり
腫れて浸出液が出ていたり
症状は様々です。

そのどの状態でも
皮膚のバリア機能が低下しています。

バリア機能化低下した皮膚は
外部からの刺激を受けやすく
皮膚の中の水分は
外に出やすくなります。

アトピーだとプールはやめた方が良い?

アトピーの人がプールに入らないほうが良いのか
入ってもいいのかは賛否両論です。

息子がかかっていた先生は
やめた方が良いとおっしゃっていましたが
むしろプールに入った方が良いと
考える先生もいるようです。

プールに入らないほうがいい理由としては
プールの水に含まれる塩素が
皮膚を保護している皮脂を落とし
皮膚のバリア機能を低下させるため
もともとバリア機能が低下している
アトピーの人はさらに症状を悪化させる
可能性があると考えられます。

一方、プールに入った方が良い理由としては
汗によって悪化する症状を抑えたり
塩素の殺菌作用を利用して
アトピーの皮膚に増殖しやすい
黄色ブドウ球菌を洗い流したり
夏に起こりやすい症状の悪化を抑えることができる
可能性があります。
感染を伴うアトピーの治療法として
世界には塩素水につかるブリーチバス療法
という治療法もあるそうです。

プールに入るときの注意点として
屋外の場合は日焼け止めを使用したり
皮膚の保護のためにワセリンなどを塗ってから
プールに入ることが大切です。

また、プールに入った後は
塩素を洗い流し、皮膚の保護をする必要がある
ようです。

アトピーでプールに入るかどうかは
皮膚の状態を見て考える必要があると思います。
乾燥が強い場合は控える
状態が良い場合はワセリンなどを塗って
対策をしてから入るなど・・・

学校のプールなど授業で入らないといけない場合は
皮膚を保護して入り
プールの後は皮膚のケアをしっかりとすることが大切です。

暑い夏はアトピーでもプールを楽しみましょう!

この記事を書いた人
浜辺啓海(はまべ ひろみ)

病院薬剤師として6年勤務。
薬を進めるのが嫌になり、現在は健康食品会社で相談係として勤務中。
息子がアトピーになったことから、生活が一変。
食生活、生活習慣、考え方など良いと思ったことを実践中。
自身もアトピー経験者。

未分類
元薬剤師の子供のアトピー実践ノート