分子栄養学

分子栄養学

ビタミンCの摂りすぎってどれくらい?ビタミンCの摂取量の目安

ビタミンCは水溶性ビタミンなのでからだに溜まっていくビタミンではありません。そのため、毎日必要な量を体に入れていく必要があります。厚生労働省の食事摂取基準は下記の通り推定平均必要量、推奨量、目標量のみで上限量の設定はありません。上記の表では...
分子栄養学

子供にどうやってサプリメントを飲ませる?

我が家の子供たちはアトピーの改善や健康維持のために小さい頃からサプリメントの摂取をさせていたのでカプセルやソフトカプセルを飲むのは特に問題なかったのですがそれでも次男は苦手な方で1つずつ飲んで水分をたくさんとってお腹がいっぱいなんてことがよ...
分子栄養学

アトピーとビタミンA

厚生労働省が設定している日本人の食事摂取基準に対して令和元年に行われた国民健康・栄養調査で日本人が不足しがちな栄養素だったのがたんぱく質、食物繊維、ビタミンA、ビタミンDビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンCカリウム、カ...
分子栄養学

アトピー性皮膚炎のサプリメントを使った栄養療法

アトピーの長男には様々なアトピー治療を行ってきました。様々な病院にもかかりました。近隣の皮膚科は何件もお世話になりました。しかし、病院では薬を使い続けるだけでアトピーは薬で治る病気ではないと思い知らされました。お薬で治る病気はありません。薬...
分子栄養学

アトピーとビタミンC

ビタミンCとはビタミンCは、水溶性ビタミンの一つで、16世紀から18世紀にかけての大航海時代に、新鮮な野菜や果物の摂取量が極端に少なかった船員たちの間で流行した、壊血病を予防する成分として、オレンジ果汁から発見されました。 多くの哺乳動物で...
分子栄養学

分子栄養学でアトピーは治るのか?

分子栄養学について調べると様々な団体がヒットしますが私が参考にしているのはオーソモレキュラー(分子整合栄養医学)を広めた溝口徹先生分子栄養学により自分で病気を治すことを勧める藤川徳美先生分子栄養学の基礎を構築したと言われている三石巌先生のお...
分子栄養学

分子栄養学の2つの基本

分子栄養学について調べると様々な団体がヒットしますが私が参考にしているのはオーソモレキュラー(分子整合栄養医学)を広めた溝口徹先生分子栄養学により自分で病気を治すことを勧める藤川徳美先生分子栄養学の基礎を構築したと言われている三石巌先生のお...