家のプールでアトピーの皮膚がつるつるになった話

夏休みでプールに1日中漬かっていた息子は
夜になって体がヒリヒリすると言い出しました。

水道水のプールは塩素濃度が低いにしても
皮膚のふやけた状態で
1日過ごしていたんだから
乾燥してヒリヒリしたんだと思いました。

すぐにワセリンを塗って
様子を見ることにしました。

なんと!
翌日、皮膚がつるつるでやわらかくなっていました!

これには私もびっくりしました。

その理由について考えてみました。

理由① プールの水で皮膚が消毒された

以前の記事でもご紹介しましたが
プールは皮膚の黄色ブドウ球菌を消毒できるため
アトピーには良いといわれています。

※プールの塩素で悪化する場合もあるのでご注意ください。

1日中皮膚が消毒されたため
ヒリヒリ感を感じましたが
アトピーを悪化させる黄色ブドウ球菌が
いなくなったため皮膚の状態が良くなったと考えられ

理由② 適度に皮膚が冷やされ、掻くことがなかった 

皮膚が痒い時は掻くのではなく
できるだけ冷やすようにしています。

家のプールは温度調節もしておらず
水が冷たい状態の水が入っています。

プールに入ると体は冷えやすいのですが
皮膚にとってはそれが良い結果を生み
皮膚をかくことが1日なかったと考えられます。

理由③ 汗がすぐに洗い流された

アトピーの皮膚が痒くなる場所は
ひじの内側や首筋、ひざの裏側など
汗をかく場所がほとんどです。

プールに入ることで汗が流され
かゆみを感じることが少なかったと考えられます。

理由④ ビタミンDが作られたため

ビタミンDは紫外線が皮膚に当たることにより
合成されます。

ビタミンDは免疫を調節する働きがあり
アトピーなどアレルギー疾患がある場合
サプリメントなどで摂取することがおすすめです。

屋根もない家の庭にあるビニールプールで1日中紫外線に当たっていたため
ビタミンDがしっかり作られ
免疫が過剰に働くことがなかったため
皮膚の状態が良くなったと考えられます。


アトピー皮膚がプールに入ってピカピカにつるつるになったのは
以上4つの理由があると考えられました。

ただし、プールから上がった後は
そのままにするのではなく
ワセリンなどで保湿することが必要です。

皮膚の状態が悪くなると思いながら
入ったプールですが思わぬ効果があり
驚きました。

ぜひ、夏はプールで皮膚がつるつるになるか観察してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
浜辺啓海(はまべ ひろみ)

病院薬剤師として6年勤務。
薬を進めるのが嫌になり、現在は健康食品会社で相談係として勤務中。
息子がアトピーになったことから、生活が一変。
食生活、生活習慣、考え方など良いと思ったことを実践中。
自身もアトピー経験者。

未分類
元薬剤師の子供のアトピー実践ノート