アトピーの子供に喘息が多い3つの理由

アトピーの子供は多くのアレルギー疾患を併発することが多く
気管支喘息にかかることも多くあります。

なぜアトピーだと喘息になりやすいのでしょうか。

①アトピー素因を持つ

喘息とは気管支喘息のことを言い、
アレルギー反応などによって気管支の炎症が慢性化すると軌道が狭くなり
刺激に対して過敏な状態になります。
発作的に喘鳴や咳、呼吸困難を起こし、時には死に至ることもある病気です。

喘息にはアトピー型と非アトピー型があります。
アレルギーの原因が特定できる場合、アトピー型と言われ、
小児喘息の多くはアトピー型です。

e-ヘルスネット(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)より

アレルギーによる疾患には喘息のほかに、
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などがありますが、
このようなアレルギー疾患になりやすい体質を
アトピー素因と言います。

アトピー素因を持つ人は家族にアレルギー疾患を持つ人がいたり
アレルギーに関係するIgE抗体という免疫物質を作りやすい体質です。

アレルギーポータルより

アトピーの子供はアトピー素因を持つので喘息になりやすいということですね。

我が家の子供たちも両親が花粉症、アレルギー性鼻炎を持ち
本人たちもほこり、ダニ、花粉などのアレルギーがあります。

②アレルギー疾患になりやすい
アトピーの子供は
様々なアレルゲン(花粉、ダニ、ほこり、食べ物)に反応しやすく
本来であればからだを守るための免疫機能が
過剰に働いてアレルギー疾患になってしまいます。

アレルギー性鼻炎のくしゃみはアレルギー反応のひとつですし
アトピー性皮膚炎の湿疹、喘息の咳もそのひとつです。

アトピーもアレルギー疾患のひとつであり
皮膚に症状が出るとアトピー性皮膚炎と診断され
気管支に症状が出ると喘息と診断されます。

そのため、アトピーの子供は
ほかのアレルギー疾患にかかる可能性があり
喘息になりやすいとも考えられます。

我が家の子供たちは風邪をひくと
喘息のような症状が出やすいので
これもアトピーが関係しているのかもしれません。

③アレルゲンに感作しやすい

感作とはアレルゲンに対して
アレルギー反応を起こす体質になることを言います。

アトピーの子供は皮膚が荒れていることが多く
外からの様々な刺激にすぐ反応してしまいます。

正常な皮膚は角質層がなめらかで
皮脂と汗からできる皮脂膜によって
皮膚のバリア機能が働いています。

しかし、皮膚のバリア機能が低下している場合
ほこりやダニなどのハウスダストや食物が
皮膚の中に入りやすく
それを排除しようとして、免疫機能が働き
アレルギーを発症しやすい状況があります。

我が家の子供たちも花粉、ハウスダスト、動物の毛、食物など
様々なアレルギーを持っています。

これは皮膚のバリア機能が低下している状況で
過ごしていることの結果なのかもしれないですね。

この記事を書いた人
浜辺啓海(はまべ ひろみ)

病院薬剤師として6年勤務。
薬を進めるのが嫌になり、現在は健康食品会社で相談係として勤務中。
息子がアトピーになったことから、生活が一変。
食生活、生活習慣、考え方など良いと思ったことを実践中。
自身もアトピー経験者。

未分類
元薬剤師の子供のアトピー実践ノート