大人のアトピーは子供のアトピーと何が違う?

アトピーの息子を持つ私も
幼少期のころはアトピーがひどく
アトピーがひどかったころの写真がないほどでした。

現在では普通の生活ができていますが
アトピー素因は持っており
アレルギー性鼻炎や
体調が悪いと湿疹が出たり
皮膚が弱いということは変わりません。

いわゆるアトピー性皮膚炎という状態ではないけど
アレルゲンやストレスには弱く
症状が出やすい状態です。

しかし、大人ですので
こういう時はこうすればいいとか
あー、あれが原因でこうなったのかとか
色々と経験値も上がっているため
ひどくなることを避けることができています。

私が子供のころは
アトピーは子供の病気と考えられているところがありましたが
現在では大人でも重症のアトピーの方がいらっしゃいます。

大人のアトピーの原因とは?

大人でも子供でもアトピーの原因は
アトピー素因と皮膚のバリア機能の低下です。

アトピー素因とは
1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちのいずれ、あるいは複数の疾患)、または 2)IgE抗体を産生し易い素因。

日本皮膚科学会 皮膚科Q&Aより

IgE抗体とは
IgE抗体は、即時型アレルギー反応をおこす大切な役者です。アレルゲンによる感作がおこると、そのアレルゲンにだけ結合することができる特異IgE抗体が形質細胞で産生されます。アレルゲンが卵白であれば卵白特異IgE抗体、ダニであればダニ特異IgE抗体が産生されます。産生されたIgE抗体は、血液中を流れて、私たちの皮膚や粘膜のすぐ下にいるマスト細胞や、血液中を流れる白血球の一種である好塩基球の表面にくっつき、アレルゲンと出会うのを待っています。

日本アレルギー学会HPより

アトピー素因はアレルギー疾患を持つ家族がいるだけで
生まれつきアトピー素因を持っていることになるため
自分では変えられない原因となります。
皮膚のバリア機能は正しいスキンケアを行えば
改善していくと思います。
皮膚のバリア機能についてはこちらもご覧ください。

それでは、大人に特に多い原因とはいったい何でしょうか?

大人のアトピーには様々なアレルゲンやストレスが関係している
と考えられています。

アレルゲンは様々なところに存在します。
特にハウスダストは現代の密閉された部屋の中では避けられない
アレルゲンのひとつです。

さらに
温度変化
空気の乾燥

髪の毛の接触
化粧品
衣類の摩擦
金属
食べ物
飲酒
などの刺激により症状を悪化させると考えられています。

自分にとって何が刺激となっているのか
どんなアレルゲンに反応しているのか
避ける方法はないのか
少しだけ考えてみることで
症状軽減のヒントになるかもしれません。

この記事を書いた人
浜辺啓海(はまべ ひろみ)

病院薬剤師として6年勤務。
薬を進めるのが嫌になり、現在は健康食品会社で相談係として勤務中。
息子がアトピーになったことから、生活が一変。
食生活、生活習慣、考え方など良いと思ったことを実践中。
自身もアトピー経験者。

未分類
元薬剤師の子供のアトピー実践ノート